セックスレスの原因は勃起不全|新婚の頃に戻る為に始めるEDの治療

男性特異の症状

グラスの水

EDとは、原因を海綿体への血液流入の量が低下する事としており、国内では勃起不全と呼ばれており、性交を不十分にする症状と定義され個人によっても勃起発現の度合いは異なりますが、充実した性交を行う事が出来なくなり、精神への負担を積み重ね悪化させる事や重度となる際には幾ら興奮を催した所で勃起状態発現とはならないので交際関係に有る方あるいは夫婦間でセックスレスの原因にもあるとされます。
近年では病気の為にセックスレスとなる場合でも有る程度の期間が経ってしまうと離婚事由となる事も有るので、EDは必要に応じて適切な治療を必要とする疾患になります。
勃起不全となる要因には幾つか有ると考えられておりその一つに心に起因する事が挙げられ、過労あるいは心労、過去あるいは現実に受け残る心の傷等の心の負担が増幅するあるいは深層心理に隠れていた事が要因となる事が有り、他にも器質といって血管の老化によって起こる動脈硬化や神経に影響を与える疾患等の影響によっても勃起状態を起こす為に必要な機能に支障を来してしまうとされています。
又、男性の方の体内で内分泌が行われている雄性ホルモンテストステロン等の分泌機能が低下する事によっても発症となるとされ、内分泌機能が低下する事はリビドー衰退も招くとされるので性交自体に関心を失うと治療する事にも関心が薄れてしまいます。
国内においてED罹患者の数は推計でも1800万近くいるとされ、正確な罹患者数が分からない事には本症が非常に繊細な問題であると共に医療機関受診に抵抗感を持つ方が多い事も挙げられ、少ない例ですが勃起不全状態を続ける事で生活に支障を来していないといった理由等でも適切な治療あるいは受診に繋がっていない事も正確な罹患者数を把握出来ない原因にもなっています。
症状悪化は療治させる為の一次選択とされる5型ホスホジエステラーゼ阻害薬が効かない事にもなり、特殊に調合された製剤を直接注射する事で強制的に勃起状態を起こさせる方法に頼らなければならない事も有るので、上記のセックスレスの問題等も含め初の段階で治療を受ける事が推奨されています。